ハードディスク(HDD)データを完全に復旧させる方法

ハードディスク(HDD)のデータ復旧について

ハードディスクは、パソコンに搭載されている記憶装置です。作成した文章、画像、動画、メールなどのデータはもちろん、 Windows,MacOSなどのOSもこの中に記憶されています。ハードディスクは、基本的に壊れやすいものです。ちょっとした振動や衝撃でデータが丸々破損してしまうことがよくありますので、定期的にバックアップすることが望まれます。
しかし、大半のパソコンユーザーは、上級者も含めてデータのバックアップをとっていません。原因はやはり「面倒だから」ですが、これは実は非常に危険なことなのです。ハードディスクは「数年で必ずクラッシュ(故障)する」という認識をもって、データは外付けハードディスクなどにバックアップしておきましょう。

さて、ハードディスクのデータを復旧するにはどうしたらよいでしょうか。ポイントは2つ。誤って(フォーマットした・ゴミ箱に入れた)などの場合。この場合は復元ツールなどで復活できる場合がありますので特に問題視する必要はありません。

逆に2つ目の、何らかの原因でハードディスク(HDD)が障害を受け、物理的に破損故障してしまってアクセスできない場合。この場合は、データ復元ソフトでデータを復旧させることは不可能です。ハードディスク(HDD)に異常が見られる場合、修理ではなく交換になりますので、残念ながらデータは失われます。


HDDデータ修復業者に依頼する

どうしてもデータを復旧させなければならないといった場合、データ修復(復旧)業者に修復してもらう方法があります。

障害を受けて使えなくなったハードディスク(HDD)から、データ復元を行う業者のことです。、データリカバリー業者とも言われます。特殊な技術を使ってデータを修復させる為、料金は割高になりますが、個人では修復(復旧)不可能なものでもデータの復活が可能です。

絶対に復元させなくてはいけないデータの場合は、これらの業者に頼むのが唯一の方法といえます。

データ修復の手順

まずデータが復元できるかの診断するために ハードディスク(HDD)を修復業者に渡して、復元できるかできないかの回答が得られます。 当然ですがデータ復元業者によりその回答は違ってきますので、ひとつの業者にダメだと言われても、他の業者に依頼することで復旧が可能なこともあります。

リカバリー業者は、データ復旧が可能な場合はどの程度可能か、修復に必要な金額はいくらか、納期はいつになるのか等を連絡してきます。

近年のパソコンの普及によって、 ハードディスク(HDD)のクラッシュによるデータ破損が増加したことにより、 数年前までは少数であったデータ復元業者も増加しています。利用者にとっては選択の幅が広がって好都合ですが、データ復元業者は、費用、技術、実績、対応に違いがありますので、慎重に選ぶ必要があります。

データ修復業者選びのポイント

ハードディスク(HDD)のデータ復元には、重要なデータを預けるわけですから、業者の選択は慎重に行わないとなりません。 選ぶポイントは6つ。

1.修復作業の場所
ハードディスク(HDD)データ復旧は自社内で行うのか、他社に委託するか。

2.技術
どんな復旧技術をもっているのか。
データ修復(復旧)に関する最先端の技術を持っているか。

3.実績
過去にどのような修復(復旧)を行ってきたか。
過去にどんな会社のデータ修復(復旧)を行ってきたか。
年間どのくらいの修復(復旧)をこなしてきたか。

4.セキュリティー
データの管理は厳重か(流出の危険はないか)
納品後のデータの扱いは(完全消去されるか)

5.速さ
業務を復旧させるためにも、迅速な対応が求められます。
対応、データ修復にどのくらいの時間を要するか?

6.対応
対応は丁寧か。
事前に十分な説明があるか


検索エンジンで「ハードディスク 修復 業者」と検索すれば、多くの修復業者が表示されます。
その中から上記ポイントを満たす業者に連絡を取ってみると良いでしょう。
まずは、ハードディスクの復旧が可能かどうかメールや電話などで聞いてみて、その対応しだいで決めるというのも手です。

婚活